ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

ストレスケアは社会人の鉄則

ストレスケアは社会人の鉄則

社会人になるとさまざまなストレスが多くなるため、きちんとセルフケアできないとそれらに耐えられません。

また、若いうちから我慢強く、ストレス耐性を高めておかないと社会に出てからのストレスに耐えられないので、修行する感覚で自分磨きをするのも大切です。

自分のストレスの要因を知ろう

人によってストレスを感じる部分は全く異なっており、常に人と対面していても何も感じない人もいれば、一人の時間を多く取らないとストレスで疲れてしまう人もいます。

ずっと座っている方が落ち着く人、体を動かしていないと落ち着かない人などそれぞれの特性を理解しておけばストレスケアもしやすくなります。そうした性格を現場でも生かせれば、営業向きの人に無理に事務作業をさせずに済み、事務や電話応対が得意な人にわざわざ営業や取引先との連絡役を任せずに済みます。

結局は適材適所で仕事ができれば理想的ですが、まずは同じ部署内の者同士でそれぞれのメリットやデメリットを把握することが大切です。

適度な運動や散歩も大切

たとえ仕事中でも、あまりにも大変な仕事をしていて、タイプミスや判断ミス、操作ミスが増えてきた場合には散歩や長時間の休憩、十分な睡眠、仮眠を取ってしまったほうが結果的に良いです。

ミスだらけで仕事をすると、ミスの修正にさらに時間がかかるため、一発で作業を完成させられるようにしたほうが良いです。上司や先輩の指示で一時的な外出、散策、適度な運動ができれば良いですが、休憩時間まで指示されるのは嫌だと余計にストレスを感じてしまう人もいるため、ストレスケア、自身のストレス状態を把握できるように人材教育するのは大切です。

どんな現場でも無理をしていて良い結果が出ることはないです。

時間区切りでストレスケア

仕事場ではそれぞれにストレスを抑える方法が異なるためできるだけ個人のストレスケアを優先させたほうが良いですが、中にはうまくストレスケアできない人もいます。働きすぎてしまう方や、適度に休憩を取る目安がわからないという人もいますので、1時間あたり15分は休憩を取るなどの工夫が必要です。

休憩時間も会社に拘束していることにはなりますので、休憩分だけ給料を差し引くようなことは避けて、1日8時間労働で出してもらう結果、作業量で総合的に判断できるようにしたほうが良いでしょう。

優秀な人はもっと結果を出し続けられて、単調作業をしている人も最低限のノルマを満たせればよいので、無理のない計画を立てられていれば、時間に余裕をもたせた働き方を選ぶともっとストレスケアしやすくなります。


pagetop