ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

仕事中のストレスを軽減する方法

仕事中のストレスを軽減する方法

ビジネスマネージメント資格を持っている人がいれば、職場の人々のストレスを減らせるような取り組みにも意見しやすくなります。

それは間接的に会社の業績アップに繋がり、時には離職率の低下につながり、もっと会社のために動いてくれる人が増えるかもしれません。

音楽をOKにしてみる

仕事中に音漏れしないヘッドホンやイヤホンをつけて、音楽やラジオを聞きながら作業するのをOKにすると、それぞれのストレスが低下し、自分の世界に没頭して仕事をしてくれるようになります。

周囲のタイプ音やエアコンの音などが気にならなくなるため、仕事の品質もアップし、書類作成が完了した後にも精神的にあまり苦痛を感じなくなるというメリットもあります。

音楽を導入するのはとても良いことですが、会社の上司の感覚が古い場合や、コールセンターなどBGMを流しておけないような場所では他の方法を導入しないといけません。

個室環境を用意する

音楽などでストレスケアできない場合、他人に見られないような作業しやすい環境を作るのが効果的です。多くの人が密集した場所では、それぞれの匂いや雰囲気、温度や体調、気分などが影響して、イライラしている人の横で作業している人までイライラするようになることもあります。

こうした人間固有の悪循環を生まないためにも個室で作業させるのは良い方法です。その代わりスタンドプレイが増えてしまうので、チャットワークやLINEグループなどを活用してシンプルに情報共有できるようにすると作業効率を落とさずにストレスを低減できます。

個室環境は間仕切りだけでも確保できるため、それぞれの作業が与えられるような現場ではこの方法がおすすめです。

適材適所に人材を配置する

作業する内容ごとに求人募集をかけるのが一般的ですが、事務作業の中でも会計処理に近い作業なのか、文書作成や校正なのか、データ入力と勤怠管理なのか、必要とされる業務に応じて適材適所を見出して作業してもらうほうが良いです。

また、状況や所有している資格、スキルによっては思い切って部署を変えるというのも良いでしょう。人脈が広く、営業職のほうがむいて言うとわかった場合には、そうした現場で働いてもらったほうがよく、またSNSのフォロワーが数万、数十万人もいるような方はインフルエンサーとしての業務を任せるほうが会社にとってプラスになります。

適材適所は一番難しいことですが、それぞれに適した仕事をしている時が一番ストレスは感じないので工夫してみてください。


pagetop