ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

職場環境を改善する方法

職場環境を改善する方法

ストレスを減らす一番の方法は職場の環境を変えてしまうことです。

仕事の状況によっては簡単ではないですが、座席位置の変更、机の向き、アロマや床のマットの設置などで働きやすい環境を整えられます。

デスクの配置を変える

仕事の環境を変えると作業効率も大幅に改善されます。もちろん、効率が下がることもあるのでそれぞれが作業しやすいように工夫する必要があります。最も気をつけるべきなのは、温度、日光、エアコンでデスクの配置を変えた後にストレスがかからないようにする必要があります。

まずは、日光の日差しの入り方を気をつけておき、パソコンの画面やホワイトボードに反射して見にくくならないようにしましょう。さらに、エアコンから出てくる風が人に直接当たっていると目や肌の乾燥等によるストレスを受けるのでちょうと通路に当たる部分にエアコンの風が当たるようにすると良いでしょう。

さらに、作業を行う部屋の中でも場所によって温度が異なるため、部屋の隅、部屋の真ん中、出入り口の近くでかかってくるストレスが変わります。どうしても気温が下がりやすい場所、熱がこもりやすい場所は暖房器具やマットなどを使って作業しやすくしましょう。

ストレスの要因を知ろう

ただ仕事をするだけで受けるストレスはそれほど問題はないですが、最も社員のストレスとして残るのは作業環境の寒さ、熱さ、疲労感の感じ方、人間関係の劣悪さなどです。

作業そのものの疲れは休めば改善されますが、職場の人間関係や寒い中での作業、逆に気温が高すぎる中での作業は耐えられないと感じる場合が多いです。

特に自身の家庭より不快な環境の中で働くような場合はストレスを感じることになるため、最低限室温の維持と作業のしやすさ、パソコンの動作速度などインフラ部分はきちんと整えておきましょう。

人間を育てるのも大切

こうした環境整備をするには、オフィスデザインの知識も求められます。風水的に気の流れに問題がないかチェックし、可能であれば社員一人ひとりのプロフィールを見て吉方位や本命卦などを判断して適した方向に向かって仕事をしてもらうのも良いでしょう。

上司や職場の人間性を育てていくことも大切で、互いを認め合ったり、理解し合ったりするなどの努力ができないと根本的な職場環境は改善できません。インフラ部分の改善だけでなく、人の改善をすることも考えておくとトータルで職場環境が社員に適したものになります。


pagetop