ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

少人数の職場での人間関係改善方法

少人数の職場での人間関係改善方法

少人数しかいない職場や個人事業主体の職場の場合には、極端に環境を変えられない場合が多いです。また、既にそこそこ環境が整っていることが多く、交渉にも応じてもらえる場合が多いため、ストレスケアの対応はしやすいです。

根拠を示して対策しよう

ストレスケアをする時には、なぜその対策が必要なのか職場のみんなに共有するのが理想です。ストレスがない職場というのは存在しないため、人間関係に問題がなければひとまずは作業効率に影響はないでしょう。

しかし、人間関係に問題がなく、それ以外のところを改善していく場合には事務所に設備導入に使用できる予算やメンテナンスのタイミングなども検討し、何をどう改善すればよいかを相談しましょう。

ストレスを感じる要因がそれぞれ似ているのか、全く異なっているのかどうかは大切なことで、必要に応じて上司との効果的な連絡方法、連絡ツールの導入、新しいルールの作成、作業環境・デスク周りの充実などをしましょう。各社員やアルバイトにもヒアリングして総合的にケアできるようにするのが一番良いです。

余計なコミュニケーションを減らそう

ささいなことまで対面でコミュニケーションをとるようにしていると、せっかく集中している作業の効率が落ちたり、相手への気遣いで疲れてしまったりするため、チャットツールやクラウドデータツールを活用するとよいでしょう。

大人数の職場では、チャットツールのグループ人数が不足する可能性がありますが、小規模の職場ではお互いのコミュニケーションが取れるちょうどよい人数のグループで連携できます。対面でのやり取りが減れば、上司も部下もストレスが減らせる場合があるため賢く活用しましょう。

チャットツールで情報共有が楽になる

チャットツールやDropbox、GoogleDriveなどは情報の管理がかなり楽になるため、特にリーダーや上司がストレス軽減できます。複数人の仕事の状況をまとめて把握し、作業を管理しないといけないため共有ツールがあればそれだけストレスを減らせます。

部下にとっても他の人もいる場所で報告や相談をすると目線が気になって疲れてしまう場合がありますが、チャットツールで共有できればストレスを低減できます。改善すべきことも他の人にバレずに注意し合えるため互いの関係をバランスを保ったままで仕事ができます。

情報共有をする時のストレスを減らせれば小規模な職場でのストレスは減らして、作業効率がアップするため、人間関係の改善などを考えるにもぴったりです。


pagetop