ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

中規模の職場でストレスを減らす方法

中規模の職場でストレスを減らす方法

だいたい20人から100人という社員を抱えている会社では、それぞれの部署やプロジェクトごとに10人から15人ほどのグループに分かれている事が多いです。

この少人数のグループ管理と組織連携ができればストレスは大幅に減らせます。

組織構成を考えよう

100人規模の組織では部下のストレスよりは、上司や管理職のストレスを意識することで全体のストレスも減らせます。人間1人が管理できる人数や個数は決まっており、3人から12人が限界とされています。

そのため、100人規模の会社では1人の社長に対して3人の幹部を付け、その幹部がそれぞれに3人の管理職に指示を出せるようにするとそれぞれの負担は大幅に減ります。

さらに、合計で9人になる管理職の人たちそれぞれに10人の人員を配置すれば、ちょうど100人の組織構成ができて仕事の状況なども把握しやすくなります。このときに一番大変になる管理職、世間的には中間管理職と言われる人たちのストレスを減らせるようにするのが一番の方法です。

ちょうどよいグループ構成

1人で10人の人員をコントロールする場合には、報告をまとめて受けたり、それぞれに指示を出したりする必要があり、チャットツールやIT関係のソフトウェアを用意すると少しでも負担が減らせます。

部下への指示は、部下が優秀である程度それぞれ作業できるようになっていればストレスを感じることはないですが、1人で10人すべてをトップダウンで指示出しすると管理力が足りなくなってストレスが溜まります

そのため、11人1部署の中でも3人ずつの構成にするのが理想的で、新人や研修中の方がいる場合は、管理職1人、3人、3人、4人というグループ構成にしておくと管理しやすくなります。作業をする3人グループはちょうど人員構成が良ければ他の遅れやミスを互いに補い合えるためピッタリの構成です。

この場合、4人のグループでは1人、または、2人の人員の余裕が出るため、研修や教育などにも力が割けるようになります。

信頼と謙虚さが大切

中規模の職場で中間管理職に位置する人々のプレッシャーになるのは上司との連携です。会社で言えば上層部、幹部と言われる人たちは怖いという印象を持つ人が多いため、友好的で、多少の失敗はリカバリーできれば良いというような幹部側の立場を理解してもらうのが一番です。

下手にプレッシャーを与えても出せる力を発揮できなくなってデメリットしかないため、幹部の人間が日程や計画をきちんと余裕を持って考えて段取りを組み、幹部の人間が現場の人材の能力を適正に判断しておく必要があります。

そのために、ストレスカウンセラー資格やビジネスマネージメントアドバイザー資格が役立つので資格やスキルも賢く活用しましょう。


pagetop