ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

ビジネスマナーを一から学ぼう

ビジネスマナーを一から学ぼう

ビジネスマナーやビジネスモラルは会社や環境によって全く異なるので、基本を学ぶのは難しいです。しかし、最低限の人間関係構築スキルや互いをサポートし合う姿勢を持てればビジネスの成果も大きくなるでしょう。

ホウレンソウを身につけよう

新社会人や会社での勤務に慣れていない方、しばらくブランクがある方は、このホウレンソウがうまくいかない場合が多いです。その会社独特の雰囲気やタイミング、それぞれの社員が最も集中しているタイミングなどを暗黙の了解で把握していないと都合の悪いときにホウレンソウしてしまって、上司に叱られてしまうということも起こります。

会社の現場でそうしたすれ違いやトラブルを防ぐには、チャットやメール機能を現場に導入しておくことです。全体チャット、個別チャットなどの使い方が選べるツールが理想的で、報告・連絡・相談のうち、報告と連絡はスムーズにできるようチャットを生かしたほうが良いです。

また、相談についてはわからないことを言うだけでなく、自分で考えた解決策を提示できるようにしてから相談するなど、相談の質を高めるようにする必要もあります。

曖昧表現を控えよう

相談や連絡をする時には、あいまいな言い方は避けたほうが良いです。特に、指示をだす時にはニュアンスやなんとなくで伝えるのではなく、きちんと言葉で、表現力や語彙力を生かして伝える必要があります。

作業例や実際の作業の流れを共有できれば、何を、どんなレベルでやればよいのかも伝わりやすくなるので分かりやすく伝わりやすい表現をするのが大切です。文末表現は特に重要で、最後まで大切なことを言い切るようにしたほうが仕事はスムーズに進みます。

また、クッションワードとして、「申し訳ないのですが」や「お手数ですが」などを活用して伝えるようにすると、言い方がきつくなってしまうようなことも伝えやすくなります。

挨拶マナーなども復習しよう

ビジネスマネージメント資格では、職場の人間関係をより良くするための知識も身につけられます。言葉遣いや話し方、語彙力をアップさせると相手によって挨拶やねぎらいの言葉をかけやすくなるため、挨拶の基本もマスターすると良いでしょう。

同僚への挨拶、取引先やクライアントへの挨拶にもバリエーションがあったほうがコミュニケーションは取りやすいため、さまざまなビジネス表現を学んでおくと現場で立ち回りやすくなります。

ビジネスの基本は、人間関係の基本でもあるので、人としての基本マナーやモラル、敬語の使い方などもチェックしておくとビジネスにもそのまま知識を活かせます。


pagetop