ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

日本の職場環境の問題と対策

日本の職場環境の問題と対策

日本の多くの会社が抱えているのが、柔軟性の低さです。仲間内での情報共有には優れていても、新人や研修を必要とする人がそのグループに入りにくく、また、もともといた人に意見を言うのは良くないという風習もあります。

意見を共有できるようにしよう

先輩社員や上司に対して、おかしいと思うことや間違っていると思うことを発言するのは良くないとする風習が日本にはあります。

年上や先輩を敬うことと、ビジネス面で間違いを正すために目上のものに意見することとは全く別物なのですが、その意見を受け付けられない人も多いため、上司や先輩社員の精神レベルを高く維持し、柔軟にさまざまな意見に対応できるようにしなければいけません。

上司や先輩が意見を受け入れる気があっても、そうした社会で生きてきてしまった新人や部下は言えるチャンスが有っても言わずに我慢するようになるため、良い循環にはつながりません。

少しでも意見を共有できるように複数の新人がいる場合は、こっそりと匿名で意見を投函できる意見BOXなどを設置しておくとある程度効果があります

無駄な書式が多すぎる

会社によっては提出書類の形式、書式などが決められており、それに従っているものでないとOKしてもらえない場合が多いです。弁護士の仕事や警察関係者の書類作成でも所定の書式にしないと認可されないようなこともあるため、現場によってはかなり大変です。

もちろん文書以外にもルールが多い作業やオリジナリティを出されてしまうと困る仕事なども多く、仕事の依頼をする側の情報がまとまっていない場合もあります。

日本の仕事でストレスを多く受けるのはこうした作業の時点ですでに理不尽に感じられてしまうような事が多いということもあり、ビジネスマネージメントアドバイザー資格などを学んでいけば少しでも環境は改善するかもしれません。

完璧主義的な業務が多い

日本では十分に認められる結果を出さないとOKを出してもらえないことも多くあります。どのレベルの仕事をすればよいのか、どこまでのミスやゆらぎが許されるのか、誤差の範囲内はどの程度かなど、かなり繊細な高度な技術を要する場合があります。

完璧主義的な仕事のおかげで日本の品質が高まっていたという側面はありますが、無理をしてそればかりしていてもあまり意味は無いため、分野によってはそこまでの完璧さが必要かどうか再検討し、ほどほどの成果でも認められるよう周囲に打診するのも大切です。


pagetop