ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

メンタルケアで仕事効率アップ

メンタルケアで仕事効率アップ

作業効率を高めるには、適度な休憩、バランスの取れた業務、働きやすい環境が必要です。

常に疲れているような状態では仕事の結果も出なくなってくるので、予定通りに十分な品質で仕事を終わらために、メンタルケアのスキルが効果を発揮する場合があります。

メンタルケアはかなり重要

精神的に苦痛を感じるということではなく、仕事をしていて長時間の集中、長時間の我慢をしていると精神的に負荷がかかって疲れてしまいます。多少であれば仕方がないですが、このストレスはきちんと発散しないと作業品質が低下して、ミスが大幅に増えてしまいます。

ミスが増えれば、それを修正するための仕事も増えて、ミスや作業の遅れを補うために作業者自身にも他の方にも余計に負担がかかってしまいます。気持ちの面で既に疲れている場合は、メンタルケアを意識して、作業スペースを片付けたり、作業環境を整えたりする他、休憩時間を長く取るのも大切です。

必要に応じて在宅作業してもらうのも効果的です。

作業計画には余裕をもたせよう

無理な作業計画や納期ギリギリの作業を続けてしまうと、その精神的ストレスや体に無理をさせ続けることで社員の作業効率とモチベーションはかなり落ちてしまいます

この作業計画は十分に余裕をもたせたほうが良い結果につながるため、無理をさせないで済むように上司やプロジェクトリーダーがしっかりと管理・サポートしましょう。例えば、イラストレーターに仕事を頼む場合、納期はイラストレーターが提示してきた納期の2倍の納期を考えておいたほうが良いです。

報酬についても多めに出すようにするとイラストの質は格段にアップします。いくつもの仕事をしてお金を稼ぐような働き方をすると、作業が増える分イラストの質は落ちてきます。

疲れた状態だと細部のハイライトや影付けで手抜きをすることになるのでしっかり完全といえる作業をしようと思ってもらえる条件を示すのが大切です。

メンタルケアに影響すること

作業する人のやる気、ストレス耐性に影響するのは、仕事を終わらせるまでの余裕、報酬、休憩時間です。会社員でも毎月固定の報酬しかもらっていないと、それ相応の仕事までしかしなくなってくるので営業成績に応じたボーナスアップや休憩時間の延長、作業終了日程に余裕を持たせるなどの工夫でメンタルケアが可能です。

慣れない仕事をさせる時には、それまで作業していた人の作業方法や成果を共有して、上手に引き継ぎをするとよいでしょう。報酬アップができない場合は、日程調整や先取り作業をしてもらうことで少しでも心の余裕が生まれるようになります。


pagetop