ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

ビジネスの現場に求められるコミュニケーションスキル

ビジネスの現場に求められるコミュニケーションスキル

ビジネスシーンではきちんとした連絡、報告が大切にされています。いわゆるコミュニケーションスキルと言われるもので、仕事のトラブル解消や高品質な仕事のためには欠かせないスキルです。

どこまで連絡するかが大切

会社の上司によっては、なんでもわからないことは聞いて、と言ってくれたのにもかかわらず、実際に質問したり、聞いたりすると自分で考えるように指導するような場合があります。

ここで生じている誤解は、会社の上司のレベルで言っている「聞く」という内容と、新人や研修中の人のレベルの「聞く」のレベルが異なっているために起こります。

インターネットや本などで調べればわかるようなことも聞いてしまうと上司としては、それよりも複雑な仕事をしているため、そんなレベルで時間を取られたくないという思いが強くストレスになってしまいます。

上司の言っているレベルは、業務を遂行する上で把握しようがない会社ごとに異なるファイル形式やデータの送信先、大きいファイルの共有方法などかなり実務に影響する内容を指している場合が多いです。

報告のタイミングについて

事務作業に最も多いのが報告のタイミングに関するトラブルです。本来特に問題はないレベルでも、上司の気分によってはイライラされてしまったり、報告書をきちんと評価してもらえなかったりします。

理想は、中間報告と第1案での報告、第2案での報告をすることで、中間報告後にもらえたアドバイスに従って、第1案を提出し、たいていは修正が入るので最後に第2案を提出するというような感覚で仕事をしていくと最初は気持ちが楽でしょう。

一発で書類のまとめや報告書ができるということはないので、最初から何手か編集する必要があることを考えていれば報告連絡でストレスを感じることはないでしょう。

トークに入り込むスキルも大切

仕事以外のタイミングで自然にされるトークに入り込むには、社会人経験がいくらか必要です。ありきたりな話だけでは上司や同僚からの印象は変わらず、こうした普段のトークで話しやすい人だと思ってもらえたり、冗談が通じる人、理解のある人などの評価をされます。

この時の評価はとても大切で、その後の仕事のしやすさや相談のされやすさ、報告や連絡の際の受け入れやすさなどにも変化があるので総合的なトークスキルも身につけましょう。ビジネスの現場以外でも楽しく無難なトークができることはとても大切なので普段からトークスキルは磨いておきましょう。


pagetop