ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

個人事業を成功させるストレス管理

個人事業を成功させるストレス管理

ストレスカウンセラー資格は法人だけではなく、個人事業でも役立てられます。

一般的な会社で働くよりも責任の大きい個人事業を行う場合は、かかるストレスも大きいのできちんとストレスケアできるようにしましょう。

休みが取りにくいのが個人事業

個人事業では、会社で働くのと異なり時間給などを意識することがほとんどありません。その分、会社では一定の報酬や毎月の決まった報酬までしか支払われませんが、個人事業では売上から経費などを差し引いて収益を事業の利益にできます。

事業主の報酬も決めやすいため、軌道に乗ってしまえば利益が出やすいですが、仕事が集まり始めると休みが取りにくく、自宅や事務所での仕事時間が長くなるため、きちんとセルフケアしないと疲労が抜けない状態になってしまいます。

どんな休憩を取ればよいかを学べるのがストレスカウンセラー資格の魅力で、ストレスの要因を分析、理解して長期的視点で働き続けられるように程よくガス抜きするのも事業主に必要なスキルです。

環境は整えやすい

デスク環境や作業環境は基本的に整えやすく、個人で働く場合には人間関係のストレスを得ることもほとんどありません。熱い時にも寒い時にも体温管理がしやすく、食事や飲み物についても自由度が高いです。

すべて自費で確保しないといけないためコストはかかりますが、一度インフラが整えば利益は大きくできます。個人事業では結果を出した分だけしか利益につながらないため、たくさんの仕事を受けて売上を伸ばす必要があります。

そのため、長時間作業し続けて寝る時間や休む時間がなくなってしまうこともあるため、納期の交渉や仕事のスピード改善、仕事を受けすぎないようにする工夫などが必要です。

カレンダー管理がおすすめ

個人事業ではある程度仕事の管理はしやすく、仕事量を増やし過ぎなければそこまで困ることはありません。しかし、自身の体調と仕事の受け方、仕事が終わるタイミングなどを考えておかないと作業が終わらず、信頼が落ちてしまうこともあります。

カレンダーなどで仕事を受けたときと仕事を終らせるときをまとめて管理すれば、作業をブッキングさせずに計画的に仕事ができます。

カレンダー以外でも日程管理ができれば問題ないですが、きちんと休息する時、運動する時、仕事をする時を区別して健康面を常に意識しながら仕事をするのが理想です。常に最高の状態で仕事をして、最高品質の成果を出せるようにし続ければ個人事業もきっとうまくいくようになるでしょう。


pagetop