ビジネス資格情報まとめ

ビジネス資格情報まとめ

ストレスケアなど、ビジネスの現場で共通するような管理の知識を身につけることで、現場で活躍する重要な人材となるでしょう。当サイトでは、ビジネスで役立つ様々なストレスケアや管理に役立つ知識と、おすすめの資格・講座についてわかり易く解説していきます。お得に仕事効率化を目指せる!

MENU

海外のビジネスストレスケア事情

海外のビジネスストレスケア事情

海外の会社では、日本に比べて作業環境には自由度が高く、きちんと仕事ができればOKという認識も強いです。

職場によっては人間関係に問題があるのは変わりないですが、日本よりは柔軟性がある場合が多いです。

アメリカや欧州の会社のイメージ

日本でも、海外でもブラック企業のようなものはありますが、海外では質の悪い会社はすぐに社員がやめていってしまうため、会社が長続きしません。日本人に比べて、理不尽なことを我慢しないため、ストレスが多すぎる環境では働かない場合が多いです。

会社側で作業環境や福利厚生、休憩スペース、ドリンク飲み放題などのサービスを提供していないと優秀な社員は集まってくれないので日本に比べて会社側の用意は良いです。

デスク周りに個室スペースが用意されたり、一人あたりの作業スペースや間仕切りスペースが広いことも多く、そもそも仕事以外にストレスを感じないよう工夫されています。日本人に比べて、思ったことはかなりはっきり言うため、それほどすれ違いも起きにくく、上司も部下も関係なく相談や検討ができます。

中国の会社はまだまだストレスが多い

中国の会社では、まだ作業環境や社員の管理に関するレベルが追いついていない会社が多く、どちらかと言うと日本の会社で受けるストレスと似た部分があります

また、思ったこと、言いたいことは相手がどう思うか考える前にすぐに口にする性質があるため、上司も部下も我慢をそもそもせず、喧嘩にも似たようなことがよく起きます。また、会社内で仕事の連携ができないまま放置することも多く、指示されてから出ないと何もしないという人も多いです。

相手の求めているものを予測して気遣って動くということはあまりできない、または、しない性質が強いため、良くない会社に入ってしまうとかなり大変です。人気が高く、しっかりしている会社でないときちんとしたストレスケアの行き届いている会社には出会えないでしょう。

フランスなどの働き方

国によっては長時間働くのが許されていない場合があり、定められた仕事以外をすると法に違反するほどのルールが有る国もあります。その分、得られる報酬は一定でそれぞれの生活に差が生まれないですが、ストレスは受けにくいというメリットがあります。

資本主義とは全く異なった社会主義、共産主義的な働き方は安定はしますが、やる気がアップしない場合もあり、仕事にやりがいを感じないと長続きしないようなこともあります。さまざまな働き方があるため、各国のビジネスの現場を把握して参考にしてみると良いでしょう。


pagetop